売却の豆知識
案内する女

不動産売却は任意売却と買い取りの2種類の方法があります。
任意売却とは、不動産業者に仲介を依頼して、買主を見つけてもらう方法で、任意売却のメリットは、買い取りよりも高値で売れる可能性があることです。
デメリットは売却するまでに時間がかかることです。

買い取りは、不動産業者に直接物件を買い取ってもらう方法で、買い取りのメリットは、短時間で不動産を現金化できることです。
デメリットは、任意売却よりも買い取り価格は安くなる場合が多いことです。

買い取りの場合は、不動産業者によって買い取り価格は異なるため、より高値で不動産を買い取ってもらうには、複数の不動産業者から見積りを取ることが必要です。
不動産売却やマンション売却における不動産担保ローンの返済は、一括見積もりサービスを利用すると、複数の不動産業者から見積りを取得できます。

得られるメリット

急にまとまったお金が必要になった時には、マンション売却等を行って、不動産を現金化することも一つの方法です。
しかし、不動産売却以外の方法でも、現金を調達することができます。
急にお金が必要になった時には、不動産を担保にお金を借りることもできますので、不動産を手放さずにお金を調達することができます。
不動産担保ローンを利用すると、不動産売却を行わずに現金を調達することができます。
不動産担保ローンは早ければ1週間程度でお金を借りることができます。
不動産担保ローンを利用せず、急いでお金を調達したい時には、任意売却よりも買い取りの方が早く現金化することができます。
買い取りの場合は、早ければ1週間以内で不動産を現金化することができます。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031